トップ

耳鳴りとふらつき

耳鳴りとふらつきをする病気

耳鳴りとふらつきをする病気って

私には、最近、とても悩んでいる事があります。
それは耳鳴りとめまい、ふらつきの症状です。耳鳴りは低い音が耳の中で鳴り、それに伴って、何度も起こるめまいやふらつきがとても辛いです。

もし、何かの病気が原因になっているのだとしたら、どのような病気の可能性があるのでしょうか。私と同じように耳鳴りでお悩みなら参考にして下さい。

ふらつきと耳鳴りが症状として現れる病気の代表として、メニエール病と突発性難聴があります。

メニエール病とは、内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態になる内リンパ水腫によって起こります。症状としては、激しいめまいに加えて、難聴や耳鳴り、耳閉感の症状が同時に起こり、繰り返します。
内耳には、聞く為の細胞がたくさん集まっている蝸牛と、平衡感覚を司る三半規管、耳石器があります。この両方もしくはどちらかが水ぶくれになることで、症状が起こります。
どちらに水ぶくれが起こるかで症状は異なるそうです。

蝸牛が水ぶくれになった場合は、難聴が症状として出ます。めまいは感じない事がほとんどだそう。症状が弱ければ、難聴までもいかずに、耳が詰まった感じや耳鳴りのみを感じる場合もあるそうです。
三半規管や耳石器に水ぶくれが起こった場合は、難聴は感じず、めまいのみが症状として現れます。めまいには、グルグルと回転するような激しいものから、足元がフワフワとするような感覚のものまで様々な症状が現れるそうです。
めまいの症状は、10分程度から数時間程度続く事が多く、数秒や数分程度の短いめまいの症状である場合は、メニエール病ではなく、他の病気の可能性が高いと思われます。

病気になる原因は解明されていないそうですが、ストレスや重なる疲労が原因で起こるのではないかと考えられています。真面目で几帳面な性格の方がなりやすい傾向にあるそうです。気圧の変化にも影響を受けます。

その他にも、耳鳴りとふらつきの症状を起こす病気に、突発性難聴があります。
突発性難聴は、特に前触れもなく、突然片方の耳が聞こえにくくなります。
両耳ではなく、片方の耳にだけ症状が出るという事が、突発性難聴の特徴です。
症状としては、耳が詰まったような感覚や、音が聞こえにくくなる事のみではなく、耳鳴りやめまいも同時に起こることもあります。

突発性難聴の原因は不明だそうです。
考えられる原因としては、ストレスや疲労、ウィルスによる感染、内耳の循環不全等が疑われていますが、明確な原因の特定はできていないそうです。
明確な原因は分からないものの、近年、突発性難聴になる患者数が増加しているそうで、生活習慣や食生活等の調査結果から、不規則な生活習慣や多忙、ストレスが多くかかっている事が発症の原因になっていると考えられているそうです。

メニエール病と、めまいを伴う突発性難聴とは症状が似ている為に、判断が難しい場合も多いそうです。
メニエール病である可能性が高いのは、耳鳴りやめまい、ふらつきが繰り返して起こる場合です。症状が1度起こっただけでは診断が難しいそうです。

私の症状は、耳鳴りもあるけれど、数時間にわたってめまいが続く事もあり、1回だけではなく、何度もその症状を繰り返しています。その為、メニエール病である可能性が高いのではないかと思っています。
ただ、自己判断は良くないので、病院に行って診てもらう事が重要です。
もしメニエール病だった場合は、早めに的確な治療を受けないと、なかなか治りにくい場合もあるそうです。